薄毛 治療薬 副作用

AGA(男性型脱毛症)の治療については、テレビやネット上などいろいろなところに露出しています。

 

AGAの治療には薬を使うのですが、風邪薬のようにみんなが飲んでいるものではないので副作用の心配をしてしまいます。

 

また、保険もきかないため高額な薬となってしまうことから本当に効果があるのか気になってしまいます。

 

今回は、AGAの治療薬の効果や副作用についてを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

AGAの薄毛治療薬の種類と効果

まず、日本で販売されているAGAの治療薬の種類と効果はどんなものがあるのでしょうか?

 

プロペシア(フィナステリド系)

名前販売元価格
(約1ヶ月分)
効果備考
プロペシアMSD6000円〜
7000円
AGAによる薄毛の進行抑制
トーワ東和薬品4000円程度AGAによる薄毛の進行抑制プロペシア
ジェネリック
ファイザーファイザー4000円程度AGAによる薄毛の進行抑制プロペシア
ジェネリック
サワイ沢井薬品4000円程度AGAによる薄毛の進行抑制プロペシア
ジェネリック

 

ザガーロ(デュタステリド系)

名前販売元価格
(約1ヶ月分)
効果備考
ザガーログラクソ・
スミスクライン
9000円〜
10000円
AGAによる薄毛の進行抑制プロペシアよりも臨床効果がある薄毛治療薬

 

ミノキシジル(ロゲイン系)

名前販売元価格
(約1ヶ月分)
効果備考
リアップX5大正製薬7000円程度AGAの薄毛から発毛させるドラッグストアやネットで販売されている塗り薬
スカルプDミノキ5アンファー7000円程度AGAの薄毛から発毛させる主にネットで販売されている塗り薬
リグロEX5ロート製薬7000円程度AGAの薄毛から発毛させる主にネットで販売されている塗り薬

 

AGAを治療するための薬は世に出回っていますが、プロペシアとザガーロはAGAが原因の抜け毛を防ぐための飲み薬ミノキシジルはAGAが原因で抜けてしまった髪の毛を復活させるために髪を生やす発毛剤と分類することができます。

 

また、プロペシアだけ使うやミノキシジルだけ使うという方法ではあまり効果が無く、両方使用したほうが効果があります。

 

これはプロペシアで抜け毛を減らし、ミノキシジルで髪の毛を増やす作用を期待するためです。

 

プロペシアだけの服用では現状維持になりますし、ミノキシジルだけの使用は髪は生えてくるけど抜ける量も変わらないため現状維持かジリ貧のどちらかになってしまう可能性が高いです。

 

ザガーロは発毛効果もあると言われているので、ザガーロ単体だけ服用するだけで髪の毛のボリュームが回復することが実感できるかもしれません。

 

AGAの薄毛治療薬の副作用

 

薬の種類と効果の次は副作用についてになります。

 

プロペシアとそのジェネリックの副作用は?

プロペシアとそのジェネリックの副作用
リビドー減退(性欲減退)、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、肝機能障害、過敏症、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫など

 

プロペシアの副作用は、主に男性機能についての副作用が半分以上書かれています。

 

プロペシアの販売元のMSD株式会社より出されている「医薬品インタビューフォーム」では、48週間の臨床試験で1.1%がリビドー減退が確認されました。

 

また、勃起機能不全の副作用が0.7%あり、射精障害と精液量減少も副作用も1%未満あったことを認めています。

 

しかし、だいたいのリビドー減退などの男性機能の低下については加齢による低下や思い込みによる低下である可能性も示唆されています。

 

そのため、男性機能の低下が気になるようであれば、筋力を鍛えるなどすることで解決できることもあります。

 

ちなみに記事を書いている私は5年近くプロペシア(途中からサワイ)を飲み続けていますが、男性機能が落ちた実感はありませんでした。

 

肝機能障害は重大な副作用となりますが、MSD株式会社の臨床試験では起きておらず、外国での臨床試験や自発報告のみのため、肝機能障害があるとは言われていますが頻度や確率は不明ですが、これも確率としては1%未満なのかもしれません。

 

肝機能障害についても毎年の健康診断で肝臓の値が気になっていますが、毎年正常値と結果が出ています。

 

ザガーロの副作用は?

 

ザガーロの副作用
リビドー減退(性欲減退)、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、肝機能障害、黄疸、頭痛、抑うつ気分、乳房障害、腹部不快感、発疹など

 

ザガーロもプロペシアと似たように男性機能の低下や肝機能障害がありました。

 

japicのザガーロの情報では、第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験と呼ばれる、新薬を世界規模で開発・承認を目指すために企画された治験にて、勃起機能不全が4.3%、リビドー減退が3.9%、精液量減少が1.3%報告されました。

 

また、さらに日本人に限定した場合、リビドー減退が5.8%、勃起機能不全が5.0%、射精障害が1.7%あったことが確認されています。

 

その他にも発疹や頭痛、抑うつ気分、乳房障害、腹部不快感が1%未満あったとも報告されています。

 

ザガーロにもある肝機能障害や黄疸に関しては、第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験の参加国以外の国での臨床試験や自発報告のみ起きているものになります。

プロペシアとザガーロで注意したいこと

 

プロペシアとザガーロを服用しているときに注意したいこととして、20歳未満の人には安全性と有効性は実証されていないので服用しないことや女性に投与することができません。

 

そのため、妊活することになった場合は、半年以上服用を停止する必要があります。

 

また、献血についても採血された血が子供や女性に使われる可能性もあることからプロペシアは1ヶ月、ザガーロは6ヶ月以上服用を停止していなければ献血ができません。

 

ミノキシジルの副作用は?

 

ミノキシジルの副作用
かゆみ、フケ、湿疹、など

 

リアップX5、スカルプDミノキ5、リグロEX5ともに頭につける薬であることとミノキシジル濃度が5%と薄いため、副作用が頭の皮膚に関することになります。

 

また、1日2回(朝と夜が目安)の使用ですが、用法用量を守っていればほとんど副作用が起きることはありません。

 

ただし、注意したいこととしてもともとミノキシジルは血圧を降下させるための薬のため、血圧に関して何かしら疾患がある人は医師に相談してから使用することをオススメします。

 

不安があったらAGA治療は専門の人に相談しながら治療しましょう!

 

プロペシアなどのAGAの治療薬は皮膚科や内科でも処方してくれますが、あくまで処方しかしてくれません。

 

そのためAGAの専門院にいくことで、副作用はもちろんのこと服用中の注意やさらに効果がでるためのアドバイスなどをもらうことができます。

特にオススメな専門院AGAスキンクリニックです。

 

AGAスキンクリニック全国展開しており、都内だけにあるようなクリニックではありません。

 

また、初めのカウンセリングは無料で受けることができるので、気軽に相談することができます。

 

皮膚科や内科で薬を処方されても経過観察もしてくれないことが多く、薬も保険適用外になるためAGAスキンクリニックと価格があまり変わらなくなります。

価格が変わらないのであれば、よりAGAに詳しいクリニックへ行くことでAGAの治療がさらに期待することができるのです。

 

さいごに

 

今回はAGA治療薬の種類と副作用について書きました。

 

副作用は確認されていますが、気にしてしまうほどのものではありません。
(私も飲み続けているので・・・)

 

「薄毛を治療したいけど、副作用が・・・。」と思っている人は気にすること無く、薄毛の治療をしてみましょう。

 

早めの治療が重要で、薄毛が進行してしまうほど薄毛を改善する期待が持てなくなってしまいます。

スポンサーリンク