薄毛と遺伝の関係とは?遺伝の薄毛の対策も一緒に【AGAの仕組みも】

薄毛やハゲは遺伝から起きるということを聞いたことがあると思います。

 

当サイトでもいくつかの記事に父親や祖父(母方)が薄毛だったりハゲていると自分もハゲる可能性が高いと書いていますが、遺伝と薄毛は関係があります。

 

今回は、遺伝と薄毛に関してと遺伝の薄毛の対策も一緒にお伝えしたいとおもいます。

 

スポンサーリンク

薄毛と遺伝の関係とは?

 

薄毛になるには、手術や治療薬の副作用などの要因もありますがストレス的な要因や遺伝的な要因もあり、薄毛の場合はストレスや遺伝の薄毛のほうの割合が多いです。

 

遺伝の場合の薄毛は、AGA(男性型脱毛症)と言われています。

 

AGAの仕組み

 

AGAとはどのようなものかというと、男性ホルモン(テストステロン)が血液から頭皮にある5αリダクターゼという酵素と結びついてしまうことでDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。
DHT(ジヒドロテストステロン)も男性ホルモンの一種です。

 

さらに毛乳頭の男性ホルモンのレセプター(男性ホルモンを受けるための皿でアンドロゲンレセプターとも言う)と結びついてしまうとTGF-βと呼ばれる脱毛因子を増やしてしまいます。

 

TGF-βは、毛根にある毛母細胞を萎縮させてしまい髪の成長を阻害するどころか抜け毛を助長して薄毛にしてしまうのです。

 

ボクシングで脇腹にボディーブローをくらい続けていると後半にかなりのダメージになりますが、頭皮や髪の毛には似たようにTGF-βがボディーブローのように効いてきて、気がついたら頭が薄くなってしまっているのです。

 

AGAはわかったけど、ここまで遺伝とカンケーねーじゃんかよー!

 

そうなんです!ここまで遺伝とAGAの話をしているのではなく、AGAとはどのようなものかを説明してきました。

 

ここからAGAがどこで遺伝と関係のあるかというと、下記が薄毛と遺伝に関係があります。

  • DHT(ジヒドロテストステロン)を作る素となる5αリダクターゼの活性力の高さ

(5αリダクターゼが多いとDHT(ジヒドロテストステロン)を過剰に作り出してしまう)

  • 毛乳頭の男性ホルモンのレセプターがDHT(ジヒドロテストステロン)との結びつきの多さ

(男性ホルモンのレセプターがDHT(ジヒドロテストステロン)との結びつきやすいとTGF-βと呼ばれる脱毛因子が増えてしまい、髪の成長を妨げると共に抜け毛を助長させてしまう)

 

男性ホルモンのレセプターは隔世遺伝しやすい!?

 

遺伝となるDHT(ジヒドロテストステロン)と男性ホルモンのレセプターは後者の男性ホルモンのレセプターが祖父(母方)から隔世遺伝しやすいと言われています。

 

男性ホルモンのレセプターはX染色体にあり、女性はX染色体のみを持っており男性はXYの染色体になります。

 

親から各染色体が1つずつ子に引き継がれるのですが、薄毛の祖父(母方)のXY染色体が母へ引き継がれます。

 

母へ引き継がれたX染色体がその子に引き継がれるので、薄毛になってしまうのです。

 

遺伝の流れ
祖父  XY

母   XX

子   XY

 

逆に父からはY染色体が引き継がれるため、祖父(父方)が薄毛でも父親が薄毛でなければ子であるあなたは薄毛にならないのです。
(直系血族なので祖父(父方)が薄毛の場合、ほぼ父も薄毛になっている可能性が高いですが・・・。この話はこの後お話します。)

 

ここで子が女性だったらどうなるのか気になった人も多いかもしれません。

 

女性でも薄毛になっている人もたまに見かけますが、多くの女性の場合は男性とホルモンの違いなどで薄毛になってしまう人が少ないのではと言われています。

 

5αリダクターゼの活性力の高さは父親母親から引き継がれる!?

 

5αリダクターゼの活性力の高さは、隔世遺伝ではなく父親や母親から引き継がれます。

 

遺伝子には優勢と劣勢の遺伝子がありますが、、5αリダクターゼの活性力の高い遺伝子は優性の遺伝子だからです。

 

遺伝子の組み合わせ
優勢+優勢
優勢+劣勢
劣勢+劣勢

 

遺伝子の組み合わせに書いてあるとおり、3つの組み合わせがありますが子はいずれかの組み合わせになります。

 

このうち、優勢の遺伝子に5αリダクターゼの活性力の高い遺伝子が入っていると薄毛になる可能性が高くなります。

 

遺伝子の組み合わせ的に3つあるので5αリダクターゼの活性力の高い遺伝子があった場合に2/3で薄毛になりやすいと考えてしまうかと思いますが、それは違います。

 

優勢の遺伝子は、劣勢の遺伝子よりも強いので劣勢同士の遺伝子の組み合わせになることはかなり少ないです。

 

そのため、父親または母親のどちらかに5αリダクターゼの活性力の高い遺伝子があった場合は、ほぼ薄毛になってしまうと思ったほうがよいでしょう。

 

遺伝の薄毛は対策できる

 

遺伝だったらどうにもならないじゃん。
素直に薄毛を受け入れてバーコードになれっていうの?

 

一昔前までは、遺伝による薄毛はカツラか植毛でしか対処ができず、しかも高額な金額を支払わなければなりませんでした。

 

また、カツラは風に飛ばされてしまうし、当時の植毛は技術が低く、頭皮がただれてしまうなどの症状が出てしまうこともありました。

 

今ではAGAはプロペシアに代表されるフィナステリドという薬を飲むことで、5αリダクターゼを阻害させることができます。

 

さらにミノキシジルの成分が入っているリアップなどの発毛剤を使うことで髪の毛を発毛させることもできるのです。

 

これらは、使用する時期が早ければ早いほど効果は出てきます。

 

砂漠に草を生やすことが難しいと言われるように使用する時期が遅いと髪は生えてきますが、フサフサの髪まで戻すことは難しいです。

 

フィナステリドは皮膚科などの一般の病院で薬をもらうことができますし、ジェネリックも出ています。

 

フィナステリドは保険適用外のため、プロペシアは月に7000円程度かかってしまいますが、プロペシアのジェネリックは4000円程度で購入することができるのです。

 

どちらにせよ保険適用外のため、風邪薬みたいに500円や1000円で購入することはできませんが、だいぶ安くなっています。

 

リアップなどのミノキシジルの成分が入った発毛剤は、ドラッグストアや楽天などの通販でも売っているので、安易に購入することができます。

 

 

楽天で購入する場合は、まとめて購入したほうが1本あたりの金額が少し安くなるため、3本セットなどを購入することをオススメします。

 

効果を実感できるまで、半年から1年程度かかるので1本あたりの金額は安いほうがいいですね。

 

 

AGA専用のクリニックを使ってみるのもありです!

 

実は皮膚科などの病院はAGAの薬についてどのようなものか知っていますが、あなたの頭の薄さについて分かっていません。

 

私も皮膚科でプロペシアをもらったことがありますが「欲しいなら処方箋を出すよ」程度の診察内容だったので次回の診察でも副作用のことしか聞かれず、写真を撮って効果が出ているかは自分でするしか無いのです。

 

しかし、AGA専用のクリニックではAGAの薄毛専門なのでどのように対策をすればよいかが分かります。

 

もし、自分にあった対処方法が知りたい場合や効果がなかった時にさらに対処方法があるAGA専用のクリニックで診断してみてはいかがでしょう。

 

AGA専用のクリニックは、全国展開しているAGAスキンクリニック
がオススメです。

AGAスキンクリニック
では、問診やカウンセリングは無料で行われ、治療スタート後自分の頭皮環境の状態薬がどの程度効果があるか血液検査をします。

 

その後、フィナステリドであるプロペシアなどの薬を処方してもらい1ヶ月または2ヶ月ごとに診察と薬の処方をしてもらう形になります。

 

また、AGAスキンクリニック
では、将来の薄毛に対しての予防での診察もできますし、薄毛になりつつある場合も発毛コースとして治療することができるのも特徴です。

 

さいごに

 

今回は、薄毛と遺伝の関係をAGAの仕組みと共にお話させていただきました。

 

薄毛が遺伝だったとしても今では対策を取ることが可能なため、薄毛の対策をする場合、いづれにせよ、進行が早い時期のほうが期待通りのフサフサに戻る可能性が高いので、AGA専門のクリニックを受けるにせよ、自分でリアップを買ったりして治療するにせよ早い段階で行動するようにしましょう。

スポンサーリンク