薄毛を隠す黒い粉は不自然でバレてしまう?上手に隠せる方法とは?

薄毛を改善するにはAGAの薬やミノキシジルが入っているリアップなどを使う必要があるのですが、初めてのデートや久々に会う友達に髪が薄くなってしまったことを知られたくないという人に即効性がある「黒い粉」「ふりかけ」「増毛パウダー」と呼ばれるものを頭につけることで薄毛を隠すことができます。

 

しかし、この黒い粉ですがたまに街中で使ってるなと分かってしまうくらい不自然に見えることはありませんか?

 

頭に墨汁をかけたように一部分だけ真っ黒になっていることです。

 

特に都市圏で電車に乗っているとちょっとお金のある頭の薄い中小企業のお偉いさんが不自然になっているようです。

 

しかし、実際に使っている人でもうまく薄毛を隠せている人もいます。

 

黒い粉は薄毛の人の他にも生まれつき、つむじが広目の人にも使うことができます。

 

今回は、薄毛を隠すための「黒い粉」またの名を「ふりかけ」さらにまたの名を「増毛パウダー」についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

黒い粉は適当に選ばないようにしましょう

 

黒い粉を選ぶ時は、適当に選んだものを使用した場合、色や粉の関係で不自然に見えてしまう可能性があるため、頭に何かつけているように見えてしまうかもしれません。

 

そのため、いくつかの条件が整っている黒い粉を選ぶようにしましょう。

黒い粉の選び方
  • 自分の髪の毛の色にあった色がある
  • 風や雨で落ちない
  • 粉が荒くない

 

自分の髪の毛の色にあった色がある

 

髪の毛の色が明るいのに真っ黒な粉を買ってしまうとどうなるか想像がつくと思いますが、とても不自然です。

 

基本的には黒い粉というくらいので、黒が基調となっているため、今髪を染めている人はもともとの髪の色に戻すようにしましょう。

 

そもそも髪を染めてしまうと薄毛のスピードを上げてしまいます。

 

風や雨で落ちないこと

 

黒い粉をつける時、それは外出する時が多いはずです。

 

風が吹いただけで黒い粉が砂埃のように飛んでいってしまったら、頭から一瞬煙幕でも出ているかのように見られてしまいビックリしてしまいます。

 

また、その煙幕に周りの人が迷惑します。

 

さらにくっつきが悪く、雨が降って落ちてしまうと顔が墨汁をかけられたように黒い水が落ちてきます。

 

ちなみに暑い夏などで汗を書いても頭から黒い汗が出てしまうため、風や雨(水)に強い黒い粉を買う必要があります。

 

粉が荒くない

 

最近では増毛パウダーとも呼ばれるくらいなので、粉が細かいと思いますが安いものだと粉と言うよりも線のようなものがあったりします。

 

線のような黒い粉だと髪の毛の上に乗っかっているだけなので、もっこりしたりしているくせに地肌が見えている最悪な状況になりますので、注意しましょう。

 

オススメの黒い粉

 

黒い粉の選び方で書いてある条件にマッチしている黒い粉はどれになるのかを紹介します。

 

アートミクロン パウダー&スプレーセット

 

つむじ、頭頂部、分け目に使うことができる黒い粉です。

 

色はブラックとナチュラルブラックと2種類ありますが、だいたいの人はナチュラルブラックを使用することで自分の髪の色と同じような色になると思います。

 

雨や汗にも強く、黒い粉をなじませてからスプレーでセットします。

 

落とす時はシャンプーで落ちますので、後処理も簡単ですね。

 


アートミクロン パウダー&スプレーセット

 

ヘアプラス スピードEプレミアム

 

頭頂部やつむじに使うことができます。

 

水に強いため雨や汗に強く臭いも抑えているのが特徴的です。

 

また、色も2種類あり、黒とブラウンと地毛が少し明るめの人にはピッタリの色もあるのです。

 

黒い粉にプラスしてミストをつけることで仕上がりをさらに完璧にすることができます。

 


スピードEプレミアム パウダー ブラック


スピードEプレミアム パウダー ブラウン

 


スピードEプレミアム セトルミスト

黒い粉を使う上での注意

 

薄毛が進行しすぎている人は黒い粉をつけても薄毛を隠せない

 

「よし!さっそく買おう!」と思っている人の中で注意が必要な人もいます。

 

それは、薄毛が進行しすぎていて髪の毛が少ない人です。

 

黒い粉は、初期の薄毛の人(若干うすくなってきたな〜という人)には効果的ですが、黒い粉を使う面積が明らかに多い人は向いていません。

 

今ある髪をボリュームがあるように見せることが目的になるので、髪の毛が少なければ少ないほど効果が無いのです。

 

もし、無い髪に黒い粉をつけてしまうと不自然になってしまうので注意しましょう。
(もしかしたら坊主ならワンチャン髪の量が少なくても自然になるかもしれませんが・・・。)

 

黒い粉はリハーサルしてから本番しましょう

 

「リハーサルに使うなんてもったいない」

 

確かに1回分使ってしまうのでもったいない気はしますが、どのくらい使用することで不自然にならずに薄毛を隠すことができるかを調整するようにしましょう。

 

実際に使用する当日にいきなり使用して失敗してしまうとセットし直しで時間がかかってしまいますし、失敗したまま外出してしまうと残念なことになってしまいます。

 

間近で見られた時はバレてしまう可能性がある

 

遠目や近くでも意識して見ない限りはバレませんが、間近で見られてしまった時にバレてしまう可能性があります。

 

バレる可能性も薄毛の進行度合いによって変わってきます。

 

やはり髪の毛が少なければ少ないほど、間近で見られた時に不自然に見えてしまいます。

 

なぜなら黒い粉を使用した部分だけ頭皮も黒くなっているからです。

 

そのため、くっつくくらいのパーソナルスペースになるとバレてしまう可能性があるのです。

 

合コンなどの対面で話したりする程度ならバレにくいそうです。

 

さいごに

 

今回は、AGAの薬などで治療中または治療には時間がかかるから今だけなんとかしたい場合に使える黒い粉を紹介しました。

 

しかし、根本的に薄毛を改善するためにはAGAの薬のフィナステリド(プロペシアなど)やミノキシジルの成分が入っているリアップなどを薄毛の早い段階から使用して髪の毛を発毛することが必要です。

 

実際に私は改善しましたので、良かったら下記の記事をご覧ください。

 

そのため、もともとつむじが広い人など出ない限りは、黒い粉は恒久的に使用するのではなく、一時的に薄毛を隠す程度で使用するようにしましょう。

スポンサーリンク