頭皮の硬さや脂の多さが薄毛に直結するのかという話

頭動く?
頭が硬いと将来ハゲるんだよ〜!

と高校時代に言われたことがあります。

 

本当にハゲるのでしょうか?

 

また、頭皮の脂が多いとハゲるとも言われています。

 

どこまで本当なのでしょうか?

 

今回はその疑問についての記事を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

頭皮が硬いとハゲる?

 

結論から言うと関係ありません。

 

頭皮が硬くてハゲるというのは科学的根拠が無いのです。

 

そもそも頭皮が硬いと言うのはどのようなことかというと
「頭皮を両手で掴んで左右前後に動かして、あまり動かないと硬い。硬いと血行が悪いのでハゲる。」
ということでした。

 

しかし、頭皮の硬さと血行の悪さは紐付かないのです。

 

つまり、頭の血行を良くしようと一生懸命にマッサージしてもほぼ効果が無いといってもいいでしょう。

 

私も昔マッサージをしていましたが、効果はありませんでしたからね。

 

頭皮の脂が多いとハゲる?

 

頭皮の脂が多いとハゲるに関しては、微妙なラインになります。

 

頭皮の脂はその人によって変わってくるので、その人の脂の量がいつもより多いと頭皮環境がよくないため、ハゲる可能性があるのです。

 

もともと脂が多い人は、それが普通なので心配することはないでしょう。

 

しかし、ストレスを多く受けてしまい脂が増えてしまったり、髪を洗っていないような不潔な人は頭皮環境も悪くなってしまうので、将来ハゲてしまう可能性があるのです。

 

そのため、頭皮の脂というよりも下記のことなどに注意して頭皮環境が悪くならないようにケアしてあげることがハゲや薄毛に予防になるのです。

 

    • シャンプーで洗いすぎたりして頭皮を乾燥させてしまう
    • 逆に頭を洗わない日が多い
    • ストレスを多く受けてしまう

     

    薄毛やハゲにならないためには

     

    頭皮が硬いからハゲるわけでもないし、脂が多いからといってハゲるとも言えない。

     

    そもそも薄毛やハゲになってしまう原因として下記が言われています。

     

    • 遺伝
    • ストレス
    • 頭皮環境が悪い
    • ホルモンバランスの乱れ
    • 喫煙や食生活、睡眠などの生活習慣の乱れ

     

    遺伝で髪を守るにはAGAの薬を使いましょう

     

    遺伝で髪の毛を守るためには、【つむじ・頭頂部】薄毛もハゲも2つの組み合わせで改善するにもまとめていますが、AGAの薬を使うことで遺伝によるハゲや薄毛をある程度予防することができます。

     

    遺伝は、父親がハゲているとほぼ確実にハゲますし、母方の父親がハゲていると隔世遺伝としてハゲる可能性が高いと言われています。

     

    あなたが残念ながらそのような環境で産まれてしまったのであれば、早いうちにAGAの薬を使うことで遺伝によるハゲや薄毛の進行を遅らせることができます。

     

    既に髪が薄くなってしまっている場合は、ミノキシジルの成分が入った発毛剤を使いましょう。

     

    ミノキシジルの発毛剤についても【つむじ・頭頂部】薄毛もハゲも2つの組み合わせで改善するにまとめていますので、気になったら見てみましょう!

     

    ストレスを溜めすぎないようにしましょう

     

    髪の毛にはストレスは大敵です。

     

    ストレスによって円形脱毛症が起きることは有名ですが、円形脱毛症ではなく全体的に髪の毛が抜けてしまい、頭皮が見えてしまうこともあるのです。

     

    ストレスが全くないということはありえませんが、ある程度のストレスは受けてしまいます。

     

    しかし、仕事などの対人関係、隣人関係などのトラブルなどで長期間過度なストレスを受けてしまうと気づいたときには髪の毛が無くなっていたなんてことがあるかもしれません。

     

    ストレスがすごいと思ったら転職や引っ越しなどでストレスを受けることから避けて少しでもストレスを軽くすることが必要です。

     

    今ならAIを使った転職もありますので、よかったら下記サイトを参照してみてもいいかもしれませんね。
    労働したくない-AIを使った転職

     

    頭皮環境の悪さはシャンプーをちゃんと選びましょう

     

    上でも書いていますが、脂の量がいつもより多いなど頭皮環境が良くないとハゲや薄毛に繋がります。

     

    頭皮環境を改善するためには、朝よりも夜に洗髪することや洗浄力が高いシャンプーを使わないことなどがあります。

     

    細かいことやどのシャンプーを使えばいいかは、男性の薄毛対策に効果がある2つのシャンプー【私の経験から】にまとめているので、頭皮環境を改善したい方はご覧ください。

     

    喫煙や食生活、睡眠などの生活習慣の乱れからホルモンバランスも乱れる

     

    ホルモンバランスは、喫煙や食生活、睡眠などの生活習慣やストレスから乱れていきます。

     

    つまり、生活習慣を見直していかなければならないのです。

     

    そのため、ストレスを溜めすぎないことにプラスして下記のことを気をつけましょう。

     

    • タバコを吸っているなら禁煙する
    • 揚げ物系を少なくして、野菜などもバランスよく栄養を採る
    • 睡眠時間は7時間から8時間確保する
    • お酒を控える
    • 運動する

     

    現代社会で若い世代に薄毛が増えてきた理由の一つとして、生活習慣の乱れがあります。

     

    生活習慣が乱れてくるとホルモンバランスも乱れてしまい、薄毛やハゲもありますが体調を崩しやすくなってしまいます。

     

    生活習慣を見直すことで薄毛やハゲだけではなく体調も整えることができるので一石二鳥なのです。

     

    「薄くなってきたから何かしらしなければ!」

     

    と思っている方はAGAの薬を飲むことも手段の一つですが、まずは生活習慣の見直しもするようにしましょう。

     

    まとめ

     

    頭皮の硬さで将来薄くなったりハゲるというのは科学的根拠が無いので関係ありません。

     

    頭皮の脂が多いからといっても絶対薄毛やハゲになるわけではありません。

     

    薄毛やハゲにならないためには、ストレスを溜めすぎないことや生活習慣の改善することによって予防することができます。

     

    ただし、薄毛やハゲの遺伝を防ぐことは難しいのでAGAの薬を飲むことで進行を遅らせることができます。

     

    まずは、薄毛やハゲになる生活から見直すようにしましょう!

    スポンサーリンク